あら汁魂

ポケモンについて

目指せ意識高いトレーナー! 英語のポケモン専門用語まとめ

f:id:eag9091les:20180617204834p:plain

 皆さんこんにちは、炭焼きです。最近は英語の勉強もかねて、海外ポケ勢の対戦実況動画をYoutubeで見ています。基本的に彼らは6対6のフレンド対戦が多く、3体3のレート戦とはまた違った趣向が楽しめます。また、海外勢の間には非公式ですが、強さによって1軍、2軍的なポケモンの軍分けがなされており、4軍対4軍といったマイナーポケ同士の対戦も見ることが出来ます。こういった海外勢の対戦システムも、需要があればいつかまとめてみようと思っています。

 さて、英語でのポケモン実況を聞いていると、僕のリスニングスキルはまだまだですが、ポケモン対戦に関する専門用語があることに気づきました。そこで今回はそれらの用語をいくつかまとめてみようと思います。

 意識の高いトレーナーになるには、グローバルな環境にキャッチアップすることがインポータントです。是非たくさんのワードを学んで、オフ会などでユーズしてみてください。対戦相手をドン引きさせて、勝負の流れをこちらに引き寄せることができるでしょう。

 

☆Double Switch      交換読み交換のこと。 お互いにポケモンを交換するのでダブルスイッチ。

 

☆Over Predict        深読みのこと。Overは超える、Predictは読みで、読み過ぎてしまう、といったニュアンスか。

 

☆Hazard Setuper         ○○撒き(ステロやどくびしなど)

※Hazard=障害、Setup=設置する
 海外の対戦は6対6のことが多いので、ステロやどくびしの重要性はとても高いです。

 

☆Tank      Tank=戦車。比較的強い攻撃技を持った受けポケモンを指す。メガヤドランテッカグヤなどがこれに当たることが多い。

 

☆Wall       Wall=壁。強い攻撃技を持たず、毒などがダメージソースの受けポケモンを指す。ラッキーなどが例になる。  

 

☆Sweeper       Sweep=一掃する。ゲーム終盤に相手ポケモンの全抜きを目指すポケモン。今のレート環境では剣舞ミミッキュやマンダなどがこれにあたるか。

 

☆Choiced ○○(○○はポケモン名)

※Choiceは英語のポケモンではこだわりと訳され、Choice Bandでこだわりハチマキと  なる。こだわりアイテムを持ったポケモンをChoiced ○○ と表現する。

 

☆STAB      Same Type Attack Bonusの略。タイプ一致で威力が1.5倍になること。   

 

☆Prio         Priorityの略。Priorityは優先という意味があり、優先度の高い先制技のことを指す。

 

☆Dual Screener 両壁張り。光の壁は英語だとLight Screen。

 

☆OHKO   One Hit KOの略。一撃で相手を倒すこと。一撃以外あり得ないwwww
 
 例文:Magneton can OHKO Gyarados with Thunderbolt.
    レアコイルは十万ボルトでギャラドスを一撃で倒せる。


 とりあえず用語を10個紹介していました。他の用語も気になった方は、
「Pokemon Dictionary Battle」などで検索してみると単語がまとまったサイトを見つけられると思います。

 また、Youtubeでの英語ポケモン対戦実況は、「Pokemon Wi-fi Battle」などでYoutube内検索をすると沢山動画が見つかります。聴きやすい英語で話してくれている実況者もいるので、ぜひ見てみてください。